結婚20年、DV気質の旦那から離婚するにはどうしたらいいですか?

鑑定相談
ラバーズアンドデス

こんにちは!タロット占い師のげんちゃんこと月乃玄太郎です(*^^*)

今回のご相談いただいた内容をご紹介しますね。

M、47歳、女
相手:K、47歳、男
2人の関係:夫婦
■ご相談内容(できるだけ詳しく)
47才の主婦です。
家族は旦那47才、長男19才、次男12才です。
ちょうど20年前、今思えば子どもを産み育てたい思いが強く、お金持ちではなかったけど生涯稼ぎ養ってくれる力がありそうな旦那と結婚しました。
ところが旦那はキレやすくDV気質があり(旦那の父親がDV気味)結婚してすぐこの人とずっと生きていく事は無理だと感じ始めました。
そんな旦那と結婚した自分を責めつつ、子どもや親や世間体、経済的な事を考え、私はだんだんと諦めモードに…親や周りの夫婦も仲が悪くてもなんだかんだで長年連れ添ってるし、私もそうなるのかなって感じでずっと過ごしてきました。
2018年夏、夫婦喧嘩で旦那の嫌いなところ(人をけなす、人の嫌がることを言う、人のせいにする)を改めて強烈に目の当たりにし、私の気持ちが完全に切れてしまった時から私の人生が変わり始めました。
そこから、家事も含めて旦那や子ども達に気を遣っていたこと、我慢して嫌々やっていたことを全てやめ自分の気持ちを一番に大切にして生きる決意をしました。
それから今までの約一年間は旦那とまともに話さず、目も合わさず家庭内別居状態です。
私は旦那の呪縛から解放されたかのように少しずつ自分を楽しめるようになりました。
今年3月に私は今後旦那とやっていく自信がないと伝えましたが、旦那は動こうとしません。
今年6月に旦那の経営する会社の事務の手伝いも辞めました。
今後の離婚をどう進めていくべきか、私が精神的経済的に自立するために何をすべきか、教えてください。

現在は家庭内別居されてるということなんですね。Mさんは最終的に離婚を希望されているようですが、お二人の今後がどうなるのか?最終的な決着がつくところまでみてみたいと思います。

ラバーズアンドデス(通称:ラバデス)のスプレットを使えばお二人の今後が見れますのでこれでやってみようと思います。

では展開した内容と開いたカードがこちらになります。

時間の流れMさんKさん(旦那さん)
過去(遠い)9、剣の9逆8、剣の女王逆
過去(近い)5、カップの34、女司祭の逆
現在1、剣の101、剣の10
未来(近い)2、隠者の逆3、棒の7
未来(遠い)6、金貨の5逆7、棒の2逆
バックカード、棒の8

MさんとKさんだとどちらがどっちか?わかりにくいので便宜上。依頼者さんをMさん。お相手のKさんを旦那さんと呼んでいきますね。

まずはバックカードです。これはどこから話が始まっているか?を現すカードです。棒の8でした。「相手が判断保留で関係そのまま」ここから話がスタートします。

では遠い過去の状態から見てみましょうか。

Mさんは過去の段階で剣の9逆位置「夜明けが来たばかり」です。
夜明けが来たばかりですぐには動くことができない状況だったようです。

それに対して旦那さんは剣の女王逆位置「何をしたいのかわからない女性」です。旦那さんはMさんのことがわからなくなってます。これが過去の状況でした。

そこから少し先に進みます。

Mさんがカップの3「歩み寄りの仲間」意見を調整しながら合わせることが出来る仲間だったようですね。それに対して旦那さんは女司祭の逆位置「自分からいかないとダメなのに動けない」。そんな状況だったようです。

そして現在の2人の状況が、剣の10「リセットするしかない」リセット以外に方法がないんですね。そういう関係にあります。

そこから先の未来をみてみましょう。少し進んだ未来です。

Mさんが隠者の逆位置「慎重に自問自答」。相手を知り合いで終わらせるか考えるのに対して旦那さんは棒の7「有利なポジションでの戦い」です。旦那さんは仕事のことでしょうね。仕事で勝つために戦っているという状態のようです。

そして、2人の最終的な決着がどうなるのか?みてみます。

Mさんが金貨の5逆位置「辛うじて連絡が取れる」、たまに連絡が出来るような関係です。
それに対して旦那さんは棒の2逆位置「納得できない」でした。旦那さんは自分の扱いの低さに納得していないようです。

うーーーん、これはですねぇ旦那さん納得してないですから離婚はないです。
家庭内別居が継続するのか、Mさんが家を出て別居暮らしになるようです。

Mさんは離婚を望んでいましたが離婚しない方向で話が進みそうなので、Mさんの最善策をソニックさん7枚というスプレッドで見てみますね。

ソニックさん7枚

上段が大きな流れで下段が自分でやってしまう流れになります。

展開した内容と開いたカードがこちら。

バックカード、正義
◆大きな流れ
1、現在の状況、棒の騎士逆
2、するべきこと、金貨の1逆
3、変えられない未来、金貨の9逆
◆自分で行動してしまう流れ
4、現在の立場、審判の逆
5、必要なこと、カップの4逆
6、問題、剣の騎士逆
7、未来の結果、カップの王様

それでは、タロットカードから伝わってきた内容をまとめていきますね。

バックカードが正義「欲しいものが手元に集まり、集まった中から本当に必要なものを選ぶ」です。Mさんは本当に必要なものを選ぶところから話が始まります。

まずは大きな流れをみてみましょうか。

現在の状況は棒の騎士逆位置「相手と距離を置く男性」です。旦那さんのことですね。

Mさんがするべきこと。金貨の1逆位置「始まる前に戻す」。いったん関係をリセットして構ってもらえる段階を目指すということです。

そして、最終的に変えられない未来が金貨の9逆位置「働く女性」です。Mさんは経済的自立を果たすためにも働かなければならないようです。

次に自分で行動してしまう流れを見ていきましょう。

現在の立場が審判の逆位置「判決が出る前に自ら離れる」です。Mさんは旦那さんが結論を出す前に離れなければならないようです。

次にMさんはどうするのか?カップの4逆位置「多くを望むのをやめて妥協すると大丈夫」です。Mさんはよくよく考えれば関係を切る必要はない。関係を継続するんですね。

ただMさんを邪魔していることがあります。剣の騎士逆位置「夜が明けて望まないお知らせと向き合う」これが問題なんです。望まないお知らせというのは何でしょうね。

そして、未来の結果がカップの王様「自分の利益のために動く王様」。これは旦那さんのことでしょうね。旦那さんに従うしかないようです。これが最終的な未来の結果でした。

これがタロットカードが伝えたい最終的なメッセージです。

とても厳しい結果となってしまいましたが前を向いてお進みください。

以上で鑑定を終わります。

参考になれば幸いです。

コメント